ミーハナイト・プロセスとは?

ミーハナイト・メタルとは,ミーハナイト製法によって作られる種々の鋳鉄をいいます。
ミーハナイト製法は,鋳鉄中の黒鉛分布及び基地組織をコントロールするためのいくつかのノウハウに基づいています。

まず第一に,材質に応じた化学成分に基づくチル値と,黒鉛核の量で決まる過冷度をもつ元湯を作り,これに通常アルカリ土類金属の接種を行うことにあります。このためには,極めて慎重な原材料の選択,細心の注意を払った操業,それに鋳鉄の特性を見極める十分な知識が必要です。

ミーハナイト製法は鋳造方案,砂管理や多くの特殊鋳型法を含む鋳物製造全般に対し,総合的に体系化された技術を駆使するものです。従来のいわゆる「勘」に頼るやり方を排除することによって,信頼性の高い工業製品を得ることを目的としています。

ミーハナイト・メタルの種類

ミーハナイト製法の綿密に組立てられた技術によって,優れた品質の鋳物を得ることができますが,技術者が確信をもって設計するためには,ミーハナイト・メタルの物理的,機械的性質データを自在に使いこなすことが必要です。
この目的から,ミーハナイト・メタルは使用用途に応じて最適の種類が選べるように,それぞれ代表的な性質をもったいくつかのタイプに大別されています。まず,用途によって大きく次のように分類します。

1.一般工業用
G(S)タイプ
2. 耐磨耗用
3. 耐熱用
4. 耐食用

:General Engineering Type(片状黒鉛タイプがGで表示し,球状黒鉛タイプはSで表示する)